糖尿病予防のために出来ること

健康診断で血糖値の結果が高いものだったら、糖尿病を疑い、自分の変化に注意をすることが必要だと考える人はどれくらいいらっしゃいますか?

中には再検査を勧められても検査を受けないと言う人もいます。

糖尿病の症状や、悪化した時にどのような合併症がでるかということが分かっていたならば、自分の検査結果を無視することはできないかもしれません。

初期症状で気づくことができると、治療も大変になる前に治すこともできますし、悪化を防ぐことができます。

悪化してしまうと、合併症で苦しむことになりますし、目が見えなくなることもあります。

現代は予防医学の研究が進んでいることはご存知だと思いますし、行政における健康診断の斡旋もしっかりとされていると思います。

自覚症状に気づくことももちろんですが、それに加えて自身の血糖値を定期的に調べると言うことは、意識をつけて予防のために生活習慣を改善するためにも重要なことだと思います。

悪化してしまうと、治療に対する時間も多く必要になりますし、自己負担分の医療費も高くなりますからね。

糖尿病の予防としてよく考えられるのは、食生活の改善だと思います。

私も何から気をつけようと考えると、食事からだと思うでしょう。

塩分や糖分を取り過ぎること、偏った食事は糖尿病に限らず、改善する必要があるということはみなさんも分かっていますよね。

ですが、実行できているかと言われると、私は出来ていないと答えることになると思います。

日本食で良く言われる、一汁三菜を意識しているくらいでしょうか。

野菜を取ること、油を取り過ぎないこと、食べすぎないこと、食事で予防できる部分はかなり大きいと思います。

糖尿病になる確率は肥満度の高い人の方がなりやすいということですので、肥満にならないようにすることも大切のようです。

若い時からするとかなり太ったと言う女性は多いと思いますし、結婚して太ったという男性も多いと思います。

私もそうなのですが、気をつけたいと思います。

多くの病気を予防するために、適度な運動、バランスのとれた適量の食事、規則正しい生活が必要だと言うことですね。